本文へ移動

あゆみの森ブログ

あゆみの森ブログ

うどん作り体験をしました。

2020-07-09
そら組がうどん作り体験をしました。今年も浜北にあるうどん屋さん「野々香」さんに来ていただきました。最初に職人さんから、「うどんは何からできていると思う?」とみんなに質問がありました。「もち米!」という回答がありましたが、正解は「小麦」。実際に持ってきていただいた小麦の穂を見せてもらい、「この固い種を細かくすると、サラサラの小麦粉になるんだよ」と聞き、「えー!こんなに固いのに?」と子ども達はビックリしていました。さて、いよいようどんを作っていきます。まず、小麦粉に塩水を入れて生地を作ります。塩水をなめさせてもらいましたが、結構しょっぱかったです。次に小麦粉に水を入れて、固まってきたらひとつにまとめます。そして、生地を足で踏みます。踏むと少し冷たくて、不思議な感覚がしました。ある程度伸びたら、麺棒で生地を伸ばしていきます。同じ厚さになるよう伸ばすのは難しくて、子ども達は苦戦していました。そして、伸ばした生地を包丁で切ります。同じ細さになるように切るのがなかなかうまく出来ず、先生が切ったうどんは麺の細さがバラバラになってしまいました…。さて、切った麺を茹でている間に、だしを作ります。かつお節や昆布でとっただしは、とてもいい香りでした。そして、うどんが茹で上がりました。うどんを口に入れた子ども達、「おいしい!」ととびっきりの笑顔を見せてくれました。たくさんの工程を経て、うどんは作られるのですね。とても貴重な体験ができました。
社会福祉法人育徳会
〒434-0035
静岡県浜松市浜北区寺島2889-1
TEL.053-585-2345
FAX.053-585-2344
1.幼保連携型認定こども園
2.延長保育
3.一時保育
4.親子ひろば
TOPへ戻る